4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

近距離無線通信弦楽器

ぎたー
  • comment2
  • trackback-
Xviv XV-U2/2.4GHzデジタルワイヤレス・システム。約1万5,000円!
購入翌日には別店舗で最安値が1万円強になっていたのが、とても残念なのですが…

なんにせよ、そんなハイエンドなギター用シールドは使ったことも無いし、使おうとも思いませんでしたが、コレには手を出してしまいました。

IMG_7716.jpg


ナニを買えば良いのか判らないまま、最初はモンスターケーブルを購入しましたが、6,000円ほどのケーブルも、割りと早くに断線してしまい、その後は、カナルとベルデンの自作ケーブルを使っていました。
特に不満はありませんでしたが、エピフォンのセミアコ入手時には両方ともノイズが目立つようになったため、オーディオシステムで愛用しているオヤイデ電気のG-Spotに買い換えたのですが、それでも3mで¥3,500は、数日悩んでからのポチッでした。

シールドでの音の変化に関しては、オーディオシステムのケーブル同様、異論反論オブジェクションですから、その問題は、多くを経験なさっている諸先輩方のご意見にお任せするとして、弦楽器万年入門者としては、プラシーボ効果であっても、ブランド買いで安心を得ることが出来る。に尽きます。


IMG_7717.jpg


さて。少し前でしたが、盟友・沈さんと「そのうちにアンプとギターもワイヤレスが一般化すると思いますよ」と会話したことがあったのですが、壊れたヤマハTHR5Aに代わるデスクトップ・アンプ(オレンジを入手しました)を物色している時に、既にワイヤレスが民生機器として普及していることを知りました。
エピフォンのセミアコと、スタインバーガーを入手するまでは、エレクトリック楽器は静音練習用としか考えていなかったので、とことん情報が遅れています。

踊りながら演奏することはありませんから、別にワイヤレスである必要性は感じていませんでしたが、アンプから少し離れたソファで弾こうとしたら、床に置いていた小さな鉢植えにシールドが引っ掛かってソレを倒してしまったり(サボテンだったので後始末で手に棘が刺さりました)とか、山積み状態の書籍の角に引っ掛かって、横着してシールドを引っ張ったら、雪崩を起こして後片付けが面倒だったとか…

整理整頓が最優先課題としか思えませんが、ソレはソレとして、ワイヤレス化によって、それが解決されました…と言うか、問題の根本を踏み潰しただけですが、とにかく、そうした災いから開放されました。


自室(7.5帖)でしか弾きませんから、なんの参考にもなりませんが、音が途切れたり、延滞も体感上は感じません。

音質はどーなのか?気になるところですが、オーバードライブをONにした蜜柑アンプからでも、ドレミはドレミと鳴っているので「個人的には問題無し」・・・です。
スケール練習ばかりで、音つくり云々を語れるような演奏技量は持ち合わせていませんから、感想すらテクストアップすることが出来ませんが、少なくともワイヤレスの利便性が楽器を手にする時間を多くしてくれることは間違い無いようです。

問題は、それでも上達の兆しすら垣間見えないことで…これは永遠の課題ですね。


IMG_7718.jpg

あぁ、それと紐付きだと、タスキを掛けているようで、あまりにも鬱陶しかったNSデザインの5弦バイオリンは、このワイヤレス・システムで、すこぶる快適になりました。もちろん、どの楽器も課題は同じです。。。

関連記事

Comments 2

10key  
Re: 誰もがみんな後追い人生。

やったね!
今後はアクロバティックなステージ・パフォーマンスに期待しています(笑)

野外では使っていないのでBluetoothの飛び具合がどーか興味津々ですが、それはまた後日のお愉しみと言うことで、くれぐれも貴重な休日に風邪など召しませんように。

2018/01/11 (Thu) 18:41 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
後追い人生。

お兄ちゃんと同じの、買ったよ♪(笑)。
これで煩わしいケーブルともオサラバ!。明日の休みに野外で使ってみようと思ってましたが積雪の為無理っぽいです(-_-;)。寒いし・・。

今夜暖かいお部屋でテストしてみます。
でもどれだけ離れても大丈夫なのかというテストもしてみたかったなぁ。まぁきっとやるだろうけど(笑)。

2018/01/11 (Thu) 18:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply