FC2ブログ

4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

蜜柑色のアンプ

ぎたー
  • comment0
  • trackback-
正月は、スケール練習ばかりやっていました。

メジャーとペンタスケールを♪=100くらいで、一通り鳴らした後は、出来るだけ速いテンポで練習します。♪=200でやり通せたりすると、万年入門者には感涙もので、それなりに充実度は高いのですが…未だに昨年からはじめた指板上の音名を覚える…が身に付きません。

どーやら、この一ヶ月間で覚えたのは、スケール用の指の運び方だけで、テンポが速くなると、隣のフレットにお邪魔でして半音ズレたりするし、スタインバーガーから、エピドットやノクターンに持ち替えると、ネックスケールが違うので、妙に戸惑います。

わりと正確で反応が速いのは、練習を続けている Cメジャー・スケールのスタート地点である「C」とAマイナー・ペンタスケールの「A」だけと言う体たらくぶりです。

コード弾きの練習で、次はF7…なんてイメージしても、F7のフォームは判っていても、目線の中央にフォーカスされるのは「C」か「A」で、そこからFを逆算している始末ですから、これではとてもアドリブなんぞ出来るわけがありません。

オツムも指と同様(以上?)に、固くなっているので、瞬時に判断できるようになるには、もうしばらく(まだまだ)時間が掛かりそうです。


IMG_7711.jpg


ところで。昨年、ヤマハのTHR5Aが壊れたこともあって、二日ほど前にOrange の MicroCrush を入手してみました。

音は、思っていたよりもクリーントーンでしたが、透き通るようなクリーンでは無く、うっすらと湿り気を帯びた感じで、好印象です。
オーバードライブの切替スウィッチがあるけど、ツマミは、ボリュームとトーンのみで、ピークが1Wと、質素なスペックですが、机の上に常駐可能なサイズで、サクッと使える簡素なアンプに感じています。

ただ、個体差があるのか否かは判りませんが、ボリュームを9時方向より上にすると、低音のビビリが顕著になります。
ヘッドフォンだと出ない音なので、コーンが馴染んでいないのか、スピーカーの磁石が硬くて上手い具合に振動していないのか、それがオレンジなのか、それとも5,000円アンプの限界なのかは判りませんが、深夜早朝時に、ヘッドフォン無しで鳴らせる音量を鑑みると不便は感じないので、取り敢えず経過を見守ろうかと思っています。

IMG_7710.jpg


…で、インプットに妙なモノが挿さっています。
Xviv XV-U2 2.4GHzデジタルワイヤレス・システム…ですね。

こちらは届いたばかりなので、また後日、改めてテクストアップしたいと思います。


関連記事

Comments 0

Leave a reply