4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

2018年元旦の青い空

ぎたー
  • comment2
  • trackback-
どーにかこーにか、除夜の鐘までに、お節つくりを終えて元旦を迎えることが出来ました。

食事制限のある家族と同居しているので、市販されているお節と言うわけにはいきません。一年に一回しか作らない料理ですが、毎年こさえていると、それなりに手慣れてくるもので、昨年までは晦日から作り始めていましたが、今年は少しメニューを減らしたこともあって、大晦日に全部まとめました。

IMG_7682.jpg

コレばかり使っています。
スケールが長いので、短くて開きの悪い指には厳しいストレッチもありますが、とにかくコレで弾くのが愉しくて愉しくて、練習時間も自然と長くなっています。

それと最近、オンライン(アンプ接続)よりも、オフラインの方が、押弦もピッキングも力を入れ過ぎていることに気が付きました。
オンライン時の方が、良くも悪くも音が見えるので、肩の力が抜けると言うか、ピッキングのニュアンスが違って、柔らかく弾けているようで、それがそのまま練習の長さに関係しているのかもしれません。

ところで、昨年末に、その気になって銀行から連れ出したフルアコ導入要員の諭吉たちは、封筒に入ったまま年越しをしました。

年末の忙しさもあって店舗で試奏する時間が作れなかったこともありますが、WEBで歳末セールの大きな値引き幅を見ても、それらが引き金になりませんでしたから、案ずるより産むが易しの衝動買い系としては、わりと珍しい状況です。



どーも、JAZZギター=フルアコ or セミアコ と言う、個人的な思い込みの方程式に変化があったようでして…特にジュリアン・ラージのテレキャスでの演奏は、かなり鮮度が高く刺激的でした。

確かにJAZZ=フルアコと言う図式は間違いないアイコンだけど、音楽に定理は無い…もしくは無い方が愉しいと思うし、ぼっち演奏の家弾きオンリーさんですから、JAZZ=フルアコに拘る必要も無いんじゃねぇか。などとも思うようになったのですが…なによりもスタインバーガーで弾くことが愉しいのです。

だったら、早急にフルアコ買わなくてもいいんじゃね?
ジム・ホールやジョー・パスが大好きだからフルアコは買うだろうけど、今は、このギターで、ちゃんと練習を続けた方がいいんじゃね? と、言う思いのピークを晦日に迎えました。


IMG_7688.jpg

と、言うことで、銀行から連れ出した諭吉でコレを買いました。


なにが「…と言うことで」なのか、まったく判りませんね。
文脈に無理が生じていることは承知していますが、取り敢えず(今は)フルアコを買わないのだから、小道具なら良いじゃん…と言う、典型的な衝動買いです。


で、本日(元旦)の午後に届いたばかりなので、パラメーターなど設定は把握できていませんが、とにかく面白いですコレ。
ストリングスが鳴っているかのようなリバーブがかかるshimmerモードなんぞは、ぼっち演奏には、たまらない快感で、病みつきになりそうです。


そんなこんなの「こいつぁ春から縁起が良いわい」な気分で、平成30年の幕開けです。

関連記事

Comments 2

10key  
Re: タイトルなし

ラウンド弦だとピックをコスリながらの音でも美味しく鳴ることがあるので、ライブやレコーディング時には、メロディだけではなく、効果音的にも使えそうですね。

当方の場合は、上達しない自分に疲れた時、この音で癒してもらうことが主目的です(笑)

2018/01/08 (Mon) 03:48 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  

「ボク、おにいちゃんとおんなじのがほしい!」でスミマセン(笑)。
結果違ったけど(笑)。でもあのワイアレスは「ボク、おにいちゃんとおんなじのがほしい!」かな(;^ω^)。



しかし、しまー効果をどう使うかが思いの外の問題となりそうな、そんな2018年。。。。

2018/01/07 (Sun) 21:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply