FC2ブログ

4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

Dot は Room335の夢を見るか?

ぎたー
  • comment2
  • trackback-
ノクターンが鳴るようになってきたこともあって、深夜早朝用に、静音目的で、ショートスケールのエレキが欲しくなったのが発端でした。
たまさか盟友・沈さんがファイヤーバードを投入されたこともあって、放置状態だったギブソンSGJ2014と、格安フルチューブ・アンプの Bugera V5 Infinium を引っ張り出したら、なんだかコレが心地よかったりしたものですから、買っちゃいました、ES-335モドキの Epiphone Dot 。

IMG_7379.jpg

ショートスケールで真っ先に思い浮かぶ代表的なのギターは、フェンダーのムスタングなのですが、ソリッドボディはSGJ2014を持っていますから、セミアコで探しましたが、現行品は、どれもこれも24.75インチの、いわゆるギブソン・スケールばかりで、ショートスケールが見つかりません。

ギブソンES-140Tとか、ギブソンBirdLandなどの、オールドと称されるギターならば、ネックスケールが600mm以下らしいのですが、40万円以上だったり、コンディションに気を配ったりする必要があったりするので、現実味がありません。
なので探しているうちに、深夜早朝の短時間しか使わないのだから、セミアコはミディアムスケールでも良いか…その方が選べる種類も多し…などと考えるようになっていました。

” いやいや、ちょっと待て。だったらSGJを持っているのだから、それで良いじゃん ” なのですが、いつの間にか、ショートスケールである事よりも、セミアコを弾いてみたい。と言う想いが勝ってしまったわけでして…相も変わらず軽挙妄動な輩です。

IMG_7377.jpg


注文後に、沈師匠に事後報告したところ「持っていたよ、Dotスタジオ」との返信。

ここ最近、マンドリンだったり、Kヤイリのノクターン、そして Epiphone(←これ大事)Dot と、ひたすら沈さんの轍をトレースしています。

でも、一番欲しい腕前だけはトレース不可能なのが残念無念。


さて。届いた Epiphone Dot を、喜々として開封したわけですが…

やっぱり中華ですね。指板のエッジ処理が雑で、削り跡だらけです。
そして、やっぱり大手楽器量販店通販ですね。指板が枯れ木のようにカサカサです。
どれほどの期間、店舗在庫になっていたのか判りませんが、配送時にはオイルくらい塗らないものですかね。

made in china の工作の雑さよりも、こんな状態で楽器を送り出してしまう日本人の心の粗雑さの方が哀しく感じます。

さて。
気をとりなおして、まずは、弦をゆるめ、フレットを磨いて、指板にオイルを塗布しました。
過去の例からだと、乾いているかな、と思いつつ塗布しても、オイルが浮いてきましたが、このギターに関しては、全部吸い込みました。指板から吸いきれなかったオイルが浮いてきません。

そんなこんなで、指板にはオイルを3回塗布して、弦高、チューニング、オクターブ調整を済ませて、いよいよ鳴らしてみたところ、ソリッドのSGJよりも響かない薄っぺらく貧弱な鳴りに、あぁ、また格安中華楽器で失敗したか…と思いました。
まぁ、このデザインが好きで買ったのだから…と、言うことにして、このギターを鳴らすのは今日だけかもしれない、などと思いつつ数時間ほど鳴らしているうちに、ソリッドでは体感できない響きを感じはじめました。

ほぼ皆無だったサスティーンが伸びてきて、ネックにも僅かながら振動が伝わってきています。
楽器が、ほぐれて、ちょっとだけヤル気を出してきたようです。

あれ…コレ悪くないかも。
だったら、こちらも真面目にやるか…なんて集中したら、またやっちゃいました。

小指を伸ばして押弦した瞬間に「あっ、この伸ばし方はヤバい」と思ったのですが、後の祭りと言うやつで、筋を痛めてしまったようです。

ショートスケール以外の弦楽器だと、必ず、左手の小指を押弦でやっちゃいます。。。
どんだけ弱い小指なんでしょう。いや、だからこそのKヤイリ・ノクターンだったし、ショートスケールのエレキを探そうとしたわけですが…まぁ、仕方ありませんから、まずは小指の安静、完治からです。

IMG_7376.jpg

と、言っても、せっかく伸び代を垣間見せてくれた Epiphone Dotですし、ノクターンも、マンドリンのMD504や、アイリッシュ・ブズーキも、まだまだ弾き込まないとダメダメな新品ですから、取り敢えず3本指で出来ることを続けます。

小指を鍛える修行にバラ色の未来を窺えるほど、夢見る少年(の年齢)ではありませんから、動きの悪い短い指では630mmのミディアムスケールでも厳しいのが現実である。と、言うことは受け止めるしかありませんが、570mmスケールのKヤイリ・ノクターンで、ギターは面白い楽器だと再確認したのも現実なわけですから、正直なところ、めげていません。

3年前に、はじめてギターを手にした時から、(懲りずに)Room335の夢を見ていますから。


関連記事

Comments 2

10key  
Re: ついでに、マンドリンもブズーキも

沈師匠、はげしく同意でございます。
生まれてはじめてのセミアコに恋しちゃいました。
今もノクターンと一緒に並んで椅子の横にいますが、痴話喧嘩なんかしません。
壁に掛かっているマンドリンとアイリッシュ・ブズーキは、ちょっと恨めしそうな感じですけど…^^;

あたしのSGJ2014でよろしければ、いつでも声を掛けて下さいね。
Dotが面白くなってしまったのでSGJはケースに入れて部屋の奥に立て掛けてありますから、即発送可です(笑…マジで)

2017/11/22 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
ソリッドもセミアコもフルアコもアコギも。

ぜんぶ可愛い(*´ω`*)。

「弾ける・弾けない」なんてもう考えない!。
「好きだから一緒にいたい」。それでいい。

でも他に好きな娘が出来るのも、それでいい(笑)。
今後僕、SG欲しくなってきた(笑)。アカーンっ!(;^ω^)。
流石に踏み止まります。

2017/11/22 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply