FC2ブログ

4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

There is no substitute for Practice #ピックな感想

マンドリン
  • comment2
  • trackback-
カウボーイブーツもキャトルマンも持っていないし、カントリーもブルーグラスも、まるで知りませんが、新顔のEASTMAN MD504 が、とにかく弾きやすいので手放せなくなっています。

低音嗜好なので、1オクターブ低い、KヤイリのBOY2の音が好きだけど、如何せん、短い上に、しなやかさを失いつつある指が開かず、メロディを弾くのが難しいため、MD504を抱えている時間の方が、圧倒的に長くなっています。

ソプラノ・ウクレレと、ほぼ同じスケールですが、ユニゾンならではの独特な響きが、とても心地良いのです。

IMG_7013.jpg

ここ最近はピックを物色しています。

材質、エッヂの角度やデザイン、厚み…などによって、発音が違うことは知っていましたが、ナイロン弦が多く、鉄弦を弾くことが少なかったので、体感と言うか、肌で感じたことがありませんでした。

盟友・沈さんいわく、気温や湿度、そして自分の気分次第で楽器の鳴りも変わるので、その折々に「今日はこのピックだな」みたいな感じで選ぶに至った。故に、アッチもいいかも〜、コッチもいいかも〜…と、増加の一途を辿る。それがピックである。

…だ、そうです。

マンドリン専門の掲示板などで調べてみたら、同じような意見の方々を見受けたので、それがピックの宿命なのかとおもいきや、数十年弾いてきて、結局、元に戻った。と言う、さんざん遊び尽くして行き着いた先は、やっぱり最初に出会ったお前だったよ。と言うような、ロマンチック運命派(単なる身勝手男?)もいたりして、なかなか興味深く、面白いフォーラムです。

そんな諸先輩方が、さまざまメーカーの、さまざま種類のピックについて、あーでもないこーでもないと異論、反論、オブジェクションを繰り広げている中で、わりと高評価として見掛けたのが、BlueChip Pick(略称BC) と、RedBear と言う名称でした。

ググってみたら、どちらもハンドメイドのピック専門屋さんで、量販店に出まわることが少ない品のようですね。
それぞれの自社サイトから注文は出来ますが、BlueChip Pickは、35ドルからで、RedBearはオーダーメイド以外は品切れでしたが、こちらも20ドルからと、高額なピックです。

掲示板では、大絶賛する人たちと、「ケッ!リア充どもがよ」と貶す人たち、高額ピックの価値を認めつつも、自分の演奏スタイルには、安価だけどコッチが合っていた…と、言う、良識的な大人の意見もありまして、その中で、目立っていたのが、Wegen のピックでした。

IMG_7007.jpg

Wegen は、ギターをはじめて購入した頃に、沈さんから教えてもらっていましたが、コレを購入する前に、鉄弦放置状態に入ったため、手にすることはありませんでした。

お試しですので、M150、TF140、Bluegrass1.4 のバラ売りを入手してみました。
1枚が、600〜1,150円の価格ですから、安価な部類ではありませんが、それでも最低価格が20〜35ドル(4,000円)のピックと比べれば、(少しだけ)懐には優しい価格です。

指弾きのナイロン弦では気にならなかった(気が付かなかった?)のですが、鉄弦だと、高音弦はクリアだけど、低音弦が太過ぎたり、その逆だったり…と、妙に音色のバランスが気になるピックがありました。
音の嗜好性と、ピッキングの問題はさて置き、ボディ+弦+ピックの、根本的な相性も関係しているようですが、Wegenの3枚は、全弦ともバランス良く鳴ってくれます。

それと、小さく鳴らすと、発音そのものよりも、ピックを弦にアタックした時に鳴るカツカツした音(ピッキングノイズ?)の方が大きく出てしまうモノもありますが、Wegenは、ほぼ皆無で、楽器の音が鳴ってくれます。

手元のピックで、(好みの音色で)全弦ともバランス良く鳴って、ピッキングノイズも目立たない品は、ありませんでしたし、その上、握った時に指に吸い付く…と書くと、いささか大袈裟ですが、しっかり安定してくれます。

もう、Wegenを、使わない理由は皆無です。


ところで、評価の高い意見が多かった(…ように思えた)ピックを選んだためか、3枚とも、ばつぐんに使い易いのですが…音色の違いが判りません。

カタチが違うのですから、それぞれのキャラクターがあると思うのですが、哀しいことに、この駄耳では、それが聴き分けられないのです…

強いて言うのならば、

TF140は、若干、暖かみのあるウォームトーン系
Bluegrass1.4mm は、ややタイトでメリハリがある
M150は、他の2枚よりも、若干、音が太め

…と、書いてみましたが、いま改めて3枚を弾き比べると…すんげぇ怪しい。
ブラインド・テストをしたら、全部同じと答えそうです。

まぁ、それだったら、この中では安価なBluegrass1.4mmをメインにすれば良いのですが、まだ一日しか試していないので、今後の検討課題ですね。

なんにせよ、現時点では、このWegenが、メインのピックになりそうです。

IMG_7015.jpg


ところで、今回は、主にマンドリンのフォーラムで、ピックの情報収集したのですが、アレがイイ、コレはダメだ、いやいやコッチの方がイイ…など、多くの意見が飛び交う中で、もっとも印象深く残った投稿は…

There is no substitute for Practice ” 練習に代わるべきものは何もない ”

…道具依存症には、耳のイタイお言葉です。
関連記事

Comments 2

10key  
Re: 2700円…。

あらま師匠ってば、お早いおつきで(笑)
2700円ハズレましたかぁ…でもね、もうすこし年輪を重ねて、指から油が抜ければ、具合が良くなるかもしれませんよ^^;
その日のために、グリップの筋力を落とさないようにしましょうかね。
それか、音が良ければ、64チタン逝ってみましょうかヽ(=´▽`=)ノ

怖いなぁ、ピック沼ってば…

2017/10/19 (Thu) 15:09 | EDIT | REPLY |   
沈の字@明日も宿直…。  
2700円…。

ちくしょう64合わなかった!(。>д<)。
滑るんですよ指の中で!。


でも旅はまだまだ終わらない(笑)。

2017/10/19 (Thu) 15:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply