4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

完全五度のバカンス

マンドリン
  • comment2
  • trackback-

盟友・沈さんのブログへのコメントで「バイオリンと同じチューニングのアイリッシュ・ブズーキやフラット・マンドリンに興味がある」と書き込んだところ、彼も「惹かれている」とのレスがありました。

その直後に、ネット徘徊していたら、少し前まで品切れ入荷待ちが続いていた Aria AM-20 が入荷していることを知り、衝動ポチしちゃいました。

届いた楽器は、値段相応のツクリでして、ブリッジのベース部分が隙間だらけだったため、紙ヤスリで整え、オモチャのようなペグをゴトーのマンドリン用に換装して、弦をマーチンのマンドリン用に張り替えました。

IMG_6626.jpg

はじめて手にした楽器ですが、バイオリンと同じチューニングで、スケールはウクレレと同じくらいなので、さほど違和感はありませんでしたが、4コース8弦の復弦楽器で、ピック弾きに慣れていないこともあって、なかなか2本同時のユニゾンで鳴らすことが出来ません。

なんだかツマラナイ楽器だなコレ…と思ったのですが、たまさか上手いことピッキングが出来ると、復弦らしい響きで、これが小気味よくて、ちょっとツボにはまりました。

ですが、弦のテンションが強いため、かなり強く押弦しないと鳴ってくれませんし、バレーコードは、ウクレレと同じ感覚で押弦すると、ミュートにしかなりません。

クラギやウクレレなどのナイロン弦で、Fの壁を(精神的に)克服していたので、これにはショックでした。

弦高は12F G弦が4mmで、E弦が3mm ですが、1オクターブ高いのかも…と思ってしまうほどきつくて、1フレットのバレーなんぞは(そんなコードがあるのか知らないけど…)本当に無理。

どんだけ左手人差指の筋トレが必要なのか見当が付きません。

近いうちに楽器屋へ寄る時間をこさえて、他のフラットマンドリンを確認してみようかと思っています。

IMG_6615.jpg

IMG_6624.jpg


…と、言っても、おひとりさまボッチ演奏が主目的なので、伴奏が必要とされることはありませんから、まずは、ちゃんとユニゾンでピッキングできるように練習することを優先しています。


さて。この3年間ほどは、両親の介護という、長いバカンスが続いていて、その間に、ずいぶんと様々な楽器を入手して試してきたけど、楽器の主軸を完全五度な日々に身を落ち着けるのも悪くないかな…と、思いはじめている今夏です。
関連記事

Comments 2

10key  
Re: 祝!本気モード╭( ・ㅂ・)و ̑̑


ありがとーございます。
タイトル通り「バカンス」と捉えています(時々、認知症にイラッとするけど^^;)

あれれ、本気モード入っちゃいました。
弦楽器演奏に長けている沈さんですから、テンションのキツさも、なんのその!だと思います。
でもって、アイリッシュ・ブズーキ行きそうになりましたか♪
あたし完全五度バカンス計画では、入手しやすそうなKヤイリのアイリッシュ・ブズーキがピックアップ済みでして、これを入手するためにどーしたもんか、取らぬ狸の皮算用をはじめています。

沈さんのFタイプが愉しみだなぁ〜。今後とも密な情報交換よろしくお願いします。
でも、背中の押し合いは、懐具合もあるので、ほどほどに…と言うことで^^;

2017/08/20 (Sun) 21:48 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  

ご両親の介護という、時間がホントに自由にならない中での弦楽遊び、これは本当に大変だと思いますが、良い具合に「癒し」になってればなぁと思います。僕も日常からの癒しって部分が大半なんすけど(^^;)。

盟友さんがマンドリン行っちゃってから、随分とソソラレつつ調べました。バイヲリンと同じキーの並びに「俺、楽して弾けるかな・・」と、先ずは「楽して」って所に足が止まりましたが(笑)、やっぱいいっすよマンドリンの音(^^♪。ちょいとこれは自分レベルでの本気で欲しいと思いました。って事でやっぱ「f」が欲しい(^-^;。って事で少し遅くなってもいいからヘソくってf狙います。一時はアイリュッシュ・ブズーキにマジに行きそうになりましたが(^^;)。。。

2017/08/20 (Sun) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply