4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

鳴る楽器と騒音公害(それから)

ヴァイオリン属
  • comment2
  • trackback-

前回のテクストは、エレキバイオリン(NSデザイン WAV5)購入日に計測したものでしたが、購入から10日後に再計測したら、最大で67dBをマークしました。

音量が上がっていますね。。。

工房で調整してもらった生バイオリンも、エレキ同様に、帰宅当初よりも音量が増して、80dB超え(最大86dB)を頻発しています。
金属ミュートを乗せても60dB台(最大65dB)で、ほぼエレキと同音量でした。

音量の計測値は、iPhoneの騒音測定アプリ(楽器から1mで測定)なので厳密なモノではありませんが、なんにせよ、エレキ・バイオリンならば深夜早朝でも気兼ねなく練習できる・・・わけでは無い。と、言うことだけは明確ですね。

ちなみに生バイオリンにゴム製ミュートでは最大75dBでした。

IMG_6281.jpg

自分の場合、楽器は8畳間の世界で愉しむためなので、音量よりも音質やピッチの良さが最優先事項なのですが、音量の弱い楽器に音質の良い楽器は無い。と、プロフェッショナルな演奏家に言われたことがあります。

それと、全体的に音量があっても、基音がしっかり鳴らなかったり、音質のデリケートな部分が欠損している楽器もあるので、それを聴き分ける耳を育てることが大切…とも言われました。

えぇと…そーゆー耳を、今から育てるの?

まぁ、労苦を厭わず、研鑽を重ねる方には可能なのかもしれませんが、こちらは「三日でチェロを弾けるようにして欲しい」と申し出た(らしい)、宮沢賢治タイプなので、その言葉は忘れないように心掛けたいと思うけど・・・実践は無理っすね(ドヤ顔)。


閑話休題。

さて、手元の生バイオリンの最大音量86dBは、1メートルの距離で麻雀牌をかき混ぜている音量レベルだそうです。
楽器の音量を、雀牌と比較するのもどーかと思うけど、残念なことに、俺が出せる音は、雀牌と同じ土俵なので、日常生活では時間帯に関係無く有害です。

音量は、発生源から、1メートル毎に3〜6dBほど減衰するので、実弟さんの部屋との距離は3.6mで、壁と扉があることを考慮して25dBほど減衰したとしても、生バイオリンだと50〜60dBですから、換気扇やエアコンの室外機が、室内で唸っているのと、ほぼ同音量なので、これは不愉快だし迷惑です。

エレキ・バイオリンが購入日の計測で40〜50dBだったのに、数日後、実弟さんに音量確認してもらったら「うるさい、ほどではないけど、音色の違いも聴き取れるから、夜はNGだね」と言われた時、コイツどんだけ耳が良いんだ…と思ったけど、夜の帳が下りた時間帯に、60dB以上で鳴っていれば、それも合点がいきます。

IMG_6282.jpg

まだエアコン全開の季節では無いので、窓を開けて風を通している家も多いと思いますが、東京都下の、我が家界隈での21時頃の生活音量は、おおよそ30〜40dB。

隣家の赤ん坊の夜泣きが聞こえても40dB前後です(赤ん坊をあやすために表に出なければ)。
赤ん坊の泣き声は80〜90dBくらいで、これは、俺の、生バイオリンの最高音量くらいなので、これからの季節だと窓を閉めてエアコンを入れるようになるだろうから、自室の雨戸を閉めれば、隣家への騒音迷惑は皆無と考えて良いでしょう。

なので、問題は屋内静音化です。

楽器は、介護生活の気分転換のためでもあって、音量に気兼ねをして、その対策や練習そのものにストレスを抱えてしまうのでは本末転倒なわけですから、一日の中で、一番自由度の高い早朝の時間帯は諦めるとして、なんとか日中1時間だけでも、気兼ねなく、集中して鳴らせる時間割をこさえて試してみました・・・が、どーも、その音が、認知症の家族には耳障りになるようで、自分が鳴らすバイオリンの音は、健康被害を及ぼすレベルみたいです。

IMG_6284.jpg

解決策としては「防音室」になるのかもしれないけど、懐が追い付かないのは勿論のことですが、介護を鑑みると、外部の音を遮断してしまうことにも不安があります。

いっそ「擦弦楽器は諦める」と言う抜本的な策もあるけど、これは論外なので・・・

日中、生バイオリンに金属ミュートを装着して使うか、エレキバイオリンを使う…と言うのが現状で、ミュートを外して鳴らせるのは、家族がデイケアサービスへ行く日(週2日)だけなのですが、この貴重な日をバイオリンのお稽古だけに費やすわけにもいきませんから、実際のところ、生バイオリンを弾く時間は、ほとんどつくれていません。

いやはやなんとも…安普請のウサギ小屋だけど、一軒家なので、常識的な範疇ならば楽器騒音の問題は皆無…と思っていましたが、屋内騒音で、これほど困ることになるとは考えていませんでした。

そもそも楽器は音を出すモノなわけで、それを抑え込む「静音」という行為は、けっして正しい方向を向いているとは思っていませんし、楽器の育成を考えても、静音目的でのエレキバイオリンは見当違いでしたが、それでも勢い余って、5弦を選んだことで、新しい発見があったもんですから、これだけ鳴らし難い環境下でも、バイオリンとの距離が疎遠にならずにいます。

あっ、いや。発見なんてオーバーなことではなく、5弦C線からだとシフティングが楽チン(覚え易い)と言うだけのことなのですが…今回も長文になってしまったので、この件は、考察した上で、後日、改めて筆を起こしたいと思っています。



関連記事

Comments 2

10key  
Re: 騒音問題


バイオリンの音に関しては、認知症の家族が、妙に気になるようで…近隣への騒音は大丈夫だけど、まさか一軒家で、木造賃貸のような問題に直面するとは思っていませんでした。。。
一応、東京都なので、専門教室なり、カラオケボックスなり、別場所という選択肢は多いと思いますが、仕事以外で家を空ける時間を作り難いので…まぁ、現状の中で、出来ることを見つけて、やってみます ^^

2017/07/02 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
騒音問題

うちみたいなど田舎と違って都市部では頭を悩ます問題ですよね。。。
防音室も現実的には難しいし。

といってもうちも田舎のクセに自宅では全力で弾けないので、それで山に行っているってのもあります(;^ω^)。隣近所の近さに左程違いがないってのが「なんで?」ですけど(笑)。

2017/07/02 (Sun) 18:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply