4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

鳴る楽器と騒音公害(其ノ弐)

ヴァイオリン属
  • comment4
  • trackback-

前回からのつづきです。

消音器は、ゴムと金属の両方とも試したけど、それでも50〜60dBくらいで、ちょっと速めのパッセージを練習すると、弓に無用の力を入れてしまい、60dB超えの公害になってしまいます。
パッセージよりも、安定したロングトーンが鳴らせるようにしろよ…とは思うんですけどね。

まぁ、そーゆーことでエレキ・バイオリンを入手しました。

IMG_6249.jpg

IMG_6246.jpg

短絡的ではありますが、防音室を設置するよりも、この方が(圧倒的に)安価でお手軽です。

安い品で良いとは思いましたが、最低限の物欲を満たしつつ、遊びココロを刺激してくれる品と言うことで、ネッド・スタインバーガーさん率いるNSデザインの、エレキ・バイオリン・シリーズの最下位モデルで5弦仕様のWAB5を選びました。

バイオリンは、細い弦から E-A-D-G 、ビオラは A-D-G-C で、この5弦バイオリンは、E-A-D-G-C なので、一応ビオラの音域まで鳴らせることになります。

一応…と記したのは、バイオリンとビオラは、スケールの違う楽器ですから、ウクレレのソプラノ、コンサート、テナーが、同じ弦の並びでありながら、別楽器の鳴りになるのと同様に、C線が鳴るにしても、バイオリンでビオラと同じ箱鳴りを求めるのは無理があるように思えます。

まぁ、この楽器は、エレキですから、そもそも箱鳴りとは無縁ですね。

念のため、楽器屋で試奏した上で、ネット通販で購入しました。
量販品のエレキならば、よほどハズレでない限り、個体差は、どんぐりの背比べでしょうし、ネッド・スタインバーガーの会社ならば、中華製造であっても、品質管理システムが低いとは思えないので、ポイントを利用した、お手軽通販です。

IMG_6247.jpg

これで音量問題は解決。


・・・するはずでしたが、ハズレました。

楽器がハズレなのではなく、試奏までしたくせに、自宅で弾いたら、アコースティックバイオリンに金属消音器装着した時よりも、わずかに低い40〜50dB程度でした(*追記 6月17日:この計測が購入日だったのですが、購入から一週間後の17日に再計測したらE線開放で60dB超えをマークしちゃいました。このところ、連日鳴らしていたので楽器が鳴るようになってきたのかもしれません…)。

早朝深夜では気になる音量です。
一軒家のくせに、どんだけ壁の薄い家なんだよ…とも思いますが、ギターなどの撥弦楽器と違って、擦弦楽器の場合、発音が長いので40〜50dBの音量が続くと、かなり気になります。

自室から、納戸化している6畳洋間を挟んで実弟さんの部屋なのですが、念のため、確認してみたら「うるさい…ほどでは無いけど、音色の違いも聴き取れる」とのことだったので、彼が、ご機嫌ナナメだったり、疲れていたりする時は、やっぱり迷惑になりますね。

面倒だけど、これに消音器をつければOKだなと思ったら…5弦用の消音器は持っていません。

サクッとググってみたけど、5弦バイオリン専用の消音器は見当たらず、駒に巻きつけて磁石で留めるモノを見つけましたが、真下にピックアップが内蔵されているので、磁石を使ったり、重たい金属製ミュートだと、そっちが気になります。


それとボディが重たい。
これも試奏した時は、気にならなかったけど、現状では肩当てが、ジャストフィットするポイントが見つかっていないため、長時間だと支えるのが辛かったり、ちょっと気を抜いて姿勢が崩れるとズリ落ちることもあります。

何のための試奏だったんだよ…コンチクショウです。

IMG_6245.jpg


IMG_6259.jpg

ボディの裏側に、ヘッドから通した弦を引っ張るために空洞になっている部分があるので、ここが影響しているのかと思い、塞いでみたけど効果はありませんでした。

…と言うことは、これはもう、このボディでの弦鳴りとしか思えませんから、どーにもしようがありません。
音量があるのだから喜ぶべきことなのかもしれませんが、消音目的での導入だったものですから、いささか困惑しています。

エレキバイオリンではなく、ヤマハのサイレント・バイオリンにしておけば、もっと音量は小さかったのかもしれませんが、試していないので判りませんし、右から左へと買い換えることも出来ませんから、解決手段としては、ドアや壁に石膏ボードや防音シート、吸音材を貼り付けて、簡易防音化をする…って、これを避けるために導入したのに?

現実的には、深夜や早朝の練習を避けるか、小音量を心掛けること…いやいや。だったら、エレキ・バイオリンを買い足す必要があったのか?


…と、自問自答しつつも、標準仕様のバイオリンには存在しないC線の低音が響くと、低音嗜好派としては、愛おしさを感じるし、せっかく遊びココロで選んだ5弦ですから、さっさと叩き売る気も涌いてきません。

4弦と5弦の違いですが、ファースト・ポジションでスケールが鳴らせる程度の万年入門者ですから、バイオリンは5弦の楽器なんだよ…と刷り込みされた子供みたいなもんで、気になりません。
強いて挙げれば、4弦よりも弦間が狭いので、移弦する時に、指を大きく動かしてしまったり、意図しない重音を鳴らしてしまったり…と言うことはありますが、これは馴れの問題かと思っています。


消音問題は何も解決しないままですが、まぁ、今年の梅雨は、数年ぶりのバイオリン周期突入と言うことで、夏への扉に向かってみたいと思っています。




関連記事

Comments 4

10key  
Re: おまかせ下さい!(^-^)。


お互い、火傷に気をつけたいものです…

もう幾つも火傷跡があるけんどね^^;

2017/06/19 (Mon) 21:14 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
おまかせ下さい!(^-^)。

共に白髪の生えるまで。

ってもう生えてるけど(;^ω^)。

2017/06/19 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   
10key  
Re: これが


導火線だけじゃ燃えないからね。
着火担当者はア・ナ・タだよん ^^

2017/06/16 (Fri) 20:08 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
これが

チェロへの導火線、かなと!(^-^)。

2017/06/16 (Fri) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply