4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

Undercurrent ですね



小指の痛みが引きません。
だましだましで練習していたギターやウクレレですが、完治を優先させるため、この一週間ほどは、まったく触れていません(チューニングだけ)。

生活が、(ほぼ)介護離職状態なので、このままだとストレスが溜まってしまうため、読書と音楽を聴く時間が増えました。


IMG_5875.jpg

音楽にも、オーディオにも詳しくありません。むしろ、疎い方です。
ですが、少しでも良い音で聴きたいと言う、当たり前の欲求だけはフツーに持ち合わせています。

そんなこなんで組合せたのが。今の 箱庭オーディオ構成 です。

オーディオに詳しい方ならば、鼻で笑うような構成ですが、それでも満足できている低レベルな駄耳です。

さて。長く愛聴しているキースジャレットの「ケルン・コンサート」が、最近、DSDでも配信されたので、さっそく購入したのですが…コレがDSDの音?…う~ん。値段ほどの感動がありません(お前のシステムがヘボだからと言う問題は目を瞑ってください)。

そこで、最終出口を横濱音羽製作所のヘッドホンアンプML-4S + ヘッドホンをゼンハイザーHD650 の組合せに統一して、手持ち音源の、CD、FLAC、レコード、DSDを、聴き比べてみたところ、レコードが一番好きな音で聴かせてくれました。

アナログの優しく柔らかい音…みたいなキャッチを見かけることがありますけど、実際のところレコードは、そんなモジュレーション系のコーラスをかけたような音ではなく、むしろキレが良くて、獰猛で凶暴だけどデジタルのように硬質では無い。だからデジタルとは違う美しさがある。と、思っています。

音質はレコードよりハイレゾ(24bit以上)の方が優秀だけど、音色はレコードの方が好き…そんな感じです。

まぁ、レコードが特別なモノではない世代ですし、レコードとCDが併売されていた過渡期はレコードを選んでいましたから、聴き馴染んでいることはあるかもしれません。
もっともこれは、あまりにもビンボーな若者だったため(今も)、CDプレーヤーに買い換えることが出来なかったからなんですけどね。。。。


IMG_5874.jpg

まぁ、そんなこんなで、ちょいとレコードを聴く時間が増えたので、リ・マスタリングで評判の高いMobile Fidelity からリリースされているビル・エヴァンス+ジム・ホールの「Undercuttent」を入手しました。

輸入盤レコードに4,000円は、かなり躊躇ったけど、このアルバムはCDでしか聴いたことが無いので、モノは試し。
騙されたと思うことにして入手したところ…


素晴らしいアルバム(マスタリング)でした。


CDでは、ジム・ホールのギターが、いささか団子状態で聴こえたり、エヴァンスのピアノに埋もれていたフレーズや、タッチや、トーンの調整…などなどが、とんでもなく明瞭に聴こえるんです…ジムおじさんってば、こんなに細かで繊細な味付けをしていたのですね。

誰々さんがマスタリングしたとか、どこどこがプレスしたアルバムは…なんてことは、オカルトと言うか、都市伝説的な戯言程度にしか思っていませんでしたが、あるんですねぇ本当に。

あぁ、いま、これを記しながらも、ジム・ホールのハーモニクスが、すんげぇ気持ち良く響いています。

ハイレゾ音源を聴くようになって、愛聴していたアルバムの鮮度が高まり「音楽を聴く愉しさ」が増したのですが、これほど安価なレコードプレーヤーで鳴らして、ハイレゾ音源よりも鮮度の高い音楽との出会いがあるとは、思ってもいませんでした。


アナログの可能性って、つくづく未知数だと思えたし、主観という感性と、スペックと言う客観的な数値が入り乱れているオーディオの世界は、引き摺りこまれるとエライコッチャで、このアルバムのタイトル通り、まさに「Undercurrent (暗流)」だと、思えた次第です。


関連記事

2 Comments

10key  

Re: すいません・・・


ありがとうございます。
おとなしく読書したり音楽聴いて過ごします。

無理したつもりが無いのに、無理になっていて…
治ると思っていたものが、治りが遅い…

歳をとっているんですねぇ(しみじみ)^^

2017/04/29 (Sat) 19:31 | REPLY |   

沈さん@ForestSwing  

すいません・・・

出だしの言葉、最近妙にハマってる芸人さんの「ヒロシ」さんで再生されてしまいました。
「ヒロシです・・・。小指の痛みが引きません・・・」みたいな(笑)。

無理せずじっくり治して下さいね。或いは小指使わない運指でジャンゴみたいに新たな道を切り開いて下さい(笑)。

2017/04/29 (Sat) 18:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment