4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

1円に泣く人、泣かぬ人


IMG_5758.jpg


AriaのA19C-100Nは、入手早々に、弦をサバレスのクリエーションカンティーガに張り替えたら、音量が上がって、明るい音色に上品さが加わりました。
喩えるならば、大量生産の上白糖ではなく、和三盆を使った甘味…と、でも言いますか、音の立体感が増した印象です。

テンションも38.8kgで柔らかいし、ピッチがダメダメだった3弦も含めて、6コースとも12フレットでのピッチの誤差は、ほぼ皆無になりました。

ちなみに、低音弦だけストッパーを装着しているのは、過日、朴葵姫嬢のリサイタル(3月ハーモニーホール座間)へ行った時に、彼女が、こーゆー張り方をしていたので、たまさか、入手したまま放置状態だったストッパーが手元にあったので真似てみただけでして、効果の程は定かではありません。。。

IMG_5789.jpg


650mmスケールのデカヤマハだと1〜3フレットまでが105mm、指板幅52mmで、630mmスケールの19世紀風ギターで100mmと50mm。
もうバツグンに指が届きやすくなったと思っているんだけど、長さで5mm、幅で2mmしか違っていないことに、ちょっと驚きました。

「一円を笑う者は一円に泣く」じゃないけど、ほんとに、わずかな違いが、大きく関係してくるもんですね。

例えば580mmのチビヤマハだと、Aのコードなんか、フレット内がスシ詰め状態になって、押弦し難い上に、デカヤマハと比べると、篭ったような音に聴こえる時があるのですが、630mmのアリアだと、フレット乗車率60%くらいの感じで、デカヤマと比べた場合、全体的な音量は下がるけど(俺の場合、右手のピッキングも下手ッピーなので鳴らせていません)、音色へのストレスはありませんし、ローポジで押弦する場合(Cコードとか)、デカヤマハだと、1フレットの指が、3フレットを押弦する指に引っ張られてしまうような事(逆も含め)が、多々あるのですが、630mmのアリアだと、それが激減するため、フォームを安定させることが出来ます。

いつだったか、盟友・沈さんが「楽器を身体に合わせる選び方も大切」と助言なさって下さったけど、ほんとに、その通りで、630mmスケール50mm指板幅は、俺にとっては良いこと尽くめに感じています。



・・・と、ここまで630mmスケールを持ち上げておいて何ですが、過日、仕事仲間でギター弾きの後輩から「(弾き易い、難いは別として)弾ける人はスケールに関係無く弾けます」と、言われました。

そりゃ、年収1000万円越のような(弾ける)方は1円(1mm)では泣かない…でしょうから、なんともまぁ、低レベルな話題で恐縮です。


IMG_5772.jpg

ところで、小指の痛みが引きません。

少し前から違和感みたいなものはあったけど、特に気にしていなかったのですが、アリア(A19C-100N)を購入した少し前くらいから、痛みが強まってきたので、ここしばらくは、湿布を貼ったり、テーピングをして使わないように気を配ったり、ツボにピップエレキバンを貼ったりしていますが、どーにも完治してくれません。

キーボードのタイピングでも痛む時があるので、ギターの時間は減らしているのですが、介護もあって、炊事洗濯などの諸事雑務を避けられないので、どーしても小指を庇い切れません。

そんじゃ、弦の数が少ないウクレレをメインにして…と思ったけど、ウクレレってば、思っていた以上に、小指を多用していました。
セブンスコードは勿論のこと、小指って1弦トップ音を動かす時は、すんげえ役立つし(…と言うか、ほぼ必須ですね)、改めて、小指の稼働率の高さを思い知らされています。


まことに僭越ながら、小指が使えなかったジャンゴさまの、スゴさを改めて実感しています。

メインの教本として使っている、カルリさんの45のエチュード(全音版)は、#06までは、三本指での練習だし、#07以降でも、630mmスケールならば、小指を使わずに、薬指で代用できるエチュードもあるので、せっせと練習して、少しでも、1円(=1mm)に泣かない人を目指したいものです。


それにしても、右利きなので、怪我をすらならば左…なんて、思っていたけど、ギターに関しては、どんだけ左が大切かを、身を以て体感している、今日この頃です。



関連記事

2 Comments

10key  

Re: う~ん・・・


痛みが引きません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

お気遣いコメントありがとうございます。
無理したつもりが無いのに、無理があった…もう絵に描いたような年寄りの冷水ですね。
まぁ、指が動いても弾けないのは同じですから…そっちも問題なんですけどね (T_T)
フッと、ファミコン時代にボンバーマンのやり過ぎで腱鞘炎になった父親を思い出しました…^^;
沈さんも、気圧やら湿度やら治験の薬やら、いろいろな条件が安定して、一日でも早く指先の痺れが治まりますように!

2017/04/17 (Mon) 19:28 | REPLY |   

沈さん@ForestSwing  

う~ん・・・

痛々しい(T_T)。。。

どうか無理せずに治して下さい。ギターもレレも逃げません。
僕は今夜から疾病から来る手足が痺れてる状況打破の為にビタミンB12を服用致します。
これで上手くなるはず!(笑)。

2017/04/17 (Mon) 18:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment