4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

なんちゃって19世紀ギター(A19C-100N)

ぎたー
  • comment2
  • trackback-

IMG_5741.jpg

相変わらず、カルリさんの45のエチュードをメインに練習しています。

短くて開かない指も、当初よりは開くようになったけど、過日、ボサノヴァのコード練習をしていたら、小指に無理強いしたようで、1ヶ月近く経っても、押弦すると痛みがあります。

若い時分と違って、鍛えるのも治すのも、時間が掛かります。

650mmスケールは長いけど、580mmスケールだと窮屈…と言うことで、630mmスケール、指板幅50mm の、19世紀風ギター A19C-100N を買い足しました。

IMG_5738.jpg

IMG_5743.jpg


現在、普通に見かけるクラシックギターは、1850年代に、アントニオ・デ・トーレスさんのデザインが基となったモダン・ギター(スパニッシュ・ギター)だけど、それ以前の、19世紀中頃に使われていたギターを19世紀ギターとかロマンチック・ギターと称しています。

その、19世紀ギターに興味を持ったのは、敬愛しているギタリスト福田進一氏のアルバム「19世紀ギターデビュー」を聴き、その後、これまた敬愛している渡辺香津美+福田進一のDVD「禁じられた遊び」で演奏された「アヴェ・マリア」を視聴したことがキッカケでした。

もっとも福田氏のギターは、ルネ・フランソワ・ラコートさんの作で、ギターのストラディバリとも称される銘器ですから、当方のブツは比較対象にすら値しません。

現在でも、公演で使える19世紀ギターのオリジナルや、現役ルシアー達が制作したレプリカも販売されていますが、オリジナルは100万円超コースだし、レプリカと言っても手工品ですから、最低価格帯でも実売40万円以上からなので、気軽に「それ包んでください」とは言えません。

で、まぁ、サクッと調べてみたら、荒井貿易から、A19C-100N 19th Century-Style なんて品が販売されていました。

メーカーも、19世紀ギター・レプリカではなく、スタイルと銘打っているわけでして、中華製の量販品ですから、雰囲気を楽しんでね。と言うことでしょうし、これなら貯まっているポイントを併用すれば「それ頂いて帰りますわ」と言える価格です。

IMG_5740.jpg

630か640mmのスケールで練習する…と言うことが主題だし、この価格帯クラスで、音がどーだのこーだの言うつもりはありませんし、そもそも、そのようなことを語れる腕前ではありません。

ですけど、せっかくなので、入門者ならではの第一印象みたいなことを備忘録として記しておきます。

スケールが短くなったことで、しっかりと押弦が出来るためか、発音が良くなったように聴こえます。開封した日は、650mmmスケールの感覚が残っていて、ついつい指を拡げ過ぎたりもしていました。

ボディは小振りですが、音量もあって、音が痩せているような印象はありませんし、高音弦が突出して目立つような鳴り方もせず、倍音も多過ぎないので、和音がクリアに聴こえます。

モダンギターよりも明るい音に聴こえます。音が軽いわけではありません。
どちらもナイロン弦ならではの柔らかさがあるけんども、強いて言うなら、モダンギターの明るさは冬の日差しで、こちらは春の日差し…みたいな印象を受けました。

開封直後は、可もなく不可もなし…なんて思ったけど、こうして書き出してみると悪くないですね。

ですが、音はかなり硬めです。ほんとに硬いです。

時間が掛かるけど、弾き倒していけば変わるだろう…と、希望的観測を持っていますが、表板に松(一応、単板らしいです)など使わずに、杉にすれば、もっと早い段階から鳴りやすくなるのでは?…なんて思ったんですが、いつだったか、楽器屋で、松の方が美白効果があって、ガングロ系の杉よりも販売成績が良いと言う話しを聞いたことがありました。

そーゆーことなのかな?

まぁ、19世紀ギター云々と言う論点ではなく、単にギターとしてと言う括りでのことですが、こんな第一印象でした。


IMG_5756.jpg


でもって本日、弦をサバレスのクリエーション・カンティーガに張り替えました。

安定するまでは何とも言えませんが、すんげぇ音量が上がりました。
でもって音質も、硬さは薄らいで、おごそかと言うか、なんと言うか…とにかく、まるで違う音色の楽器に変貌しました。

これからの時期は湿度が上がってくるので、弦高なども、ちょめちょめと変わるでしょうし、しばらくはコレで様子見します。


手元に届いて、まだ二日なので、あーだこーだは言えませんが、630mmスケール指板幅50mmの、19世紀風ギターは、なかなか快適です。




関連記事

Comments 2

10key  
Re: この「キュッ♡」と絞ったウエストが(*´ω`)


はい、たまりません。あたしも好きです (笑)。
サバレスに弦交換したら、全弦ともピッチが良くなりましたヽ(=´▽`=)ノ
でもね、さっき、ショルダー部分に携帯を落としちゃって、早くも傷モノになってしまいました(;_;)

2017/04/08 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
この「キュッ♡」と絞ったウエストが(*´ω`)

たまりません(笑)。

2017/04/08 (Sat) 19:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply