4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

コンサートピッチ、テンション、リズム

ウクレレ
  • comment2
  • trackback-

IMG_5041.jpg


管楽器を吹き始めた頃に入手したKORGのOT-120です。
クリップチューナーの方が楽チンなので使わなくなっていたけど、最近はギターとウクレレに使っています。

弦楽器用のクリップチューナーは幾つか持っているけど、どれもこれもピッチの最低が436Hzからなのが難点でした。

…と云うのも、音は好きだけど、テンションが高くて指がキビシイ弦の時は、A=440Hzを、バロック音楽の415Hzや、古典楽器の430Hzで、試しているからです。

440では指が泣くけど、430だと頑張れそうで、415だと指が歓ぶ…そんな感じになります。

バンドやアンサンブルなどを組む場合は問題になるけど、天上天下唯我独奏の俺の場合、コンサートピッチにこだわる必要がないので、弦が、たるみ過ぎたり(415Hzの半音下げでは有り得ないけど)、あからさまに曲のイメージが崩れない限り、バロック・ピッチでハワイアンもOKです。


…なんだけど、でもコレって邪道?

小心者なので、念のためプロの演奏家に確認したところ、ピタゴラス音律とか平均律とか、なにやら小難しい話しを聞かされたけど、音を楽しむと書いて音楽と読むのだから、自分の好きにやった方が良い、と、この件に関しては免罪符をちょうだい出来たので、まぁ、色々と試してみようかと思っています。


IMG_5046.jpg


でもって、こちらは新兵器のイン・イヤー・メトロノーム。

イヤホンのように耳に装着するメトロノームです。
老舗ウイットナーの小型ネジ式を持っているのですが、チビ助のくせに、なかなかの音量でテンポを刻みます。
壁の薄いウサギ小屋暮らしなので、カチコチカチコチ鳴る音がうるさい…と、たまさか別件で不機嫌だった家族から苦情が出たので、早朝や夜間の利用を控えていたところ、これを見つけたので試してみることにしました。


これを装着して、エレキウクレレを使えば、時間帯に関係なく、メトロノームを使った練習が出来ます。


ミュートやブラッシングの練習には、メトロノームでテンポを確認しないと、手前勝手に鳴らしてしまう初心者だし、3連符や4連符などのリズムバリエーションも設定できるので、自分的にはスマッシュヒットな買物でした。


IMG_5045.jpg


ただ、血の通っていない電子音なので、それが気になることがあるのと、そのままだとクリック音が大きく、長時間だと耳がしんどくなるので、メディティングテープを貼って、弱音化させています。


ちなみに、この商品はシリーズで、ゴルフのスイング用とか、社交ダンス用とかも出ています。


音楽にかぎらず、人間の行動(生活)って、リズムが大切なのですね。



関連記事

Comments 2

10key">
10key  
Re: 走りまくってみたいッス


曲の最後まで、それで通せれば良いんですけど、俺の場合、自分の心臓と同じで不整脈多発のリズムなので…^^;

コンサートピッチだけど、415Hzだと、音そのものよりも、1弦を雑な押さえ方をすると、チョーキングを飛び越えて、弦がネックから飛び出してしまうことが多発します。

いやはや精進、精進。

2017/02/15 (Wed) 03:07 | EDIT | 10keyさん">REPLY |   
沈さん@ForestSwing  
いまだに・・・

リズム、走りまっくってます。
個人的には「ドライブしてんだよ!」って言い訳してますが(笑)。

2017/02/14 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply