4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

硬い、明るい、柔らかい…


IMG_5027.jpg

貝殻テナーは、購入早々、クラギのハナバッハ黒に張り替えたけど、4弦の鳴り過ぎる感が強かったことから、ウクレレ専用の、ダダリオのEJ99TLGに替えてみました。

ダダリオのウクレレ弦シリーズの中では、一番明るい音色らしいけど、湿気を含んだ明るさ…とでも云うか、さわやか馬鹿ではなく、品の良い二枚目とでも云うか…難癖をつけるのが難しい弦で、音量もあるし、4弦が巻き弦でないため「キュッキュッ音」が出ないし、これを標準弦にしても良いと思い、すぐに予備弦を追加注文しました…が、ハナバッハよりも、テンション強めな感じが気になっていました。


ぼちぼち弦が安定してきたのですが、無い物ねだりの悪いクセで、予備弦として一緒に購入しておいた同じダダリオのEJ65Tも試したくなり、過日、張り替えてみました。

こちらは、ダダリオの中では中庸な音色で、ジェイク・シマブクロ御愛用と云うフレコミに惹かれたのですが…

いやはや、どーもにも音が硬い。

2日ほど経っても、やっぱり硬質な音色は変わらないし、テンションの強さもあって、このままだとテナーを弾くのが嫌になりそうなので、早々に張り替えることにしました。


IMG_5015.jpg


ところで、音が硬い…

と、感じたのは(今の自分にとっては)事実ですが、この比喩が正しいのか否かは、実のところ不安があります。
ブライト調とかメロウ調とかの音色とは別で…音の輪郭がハッキリしていて、量感もあって、音もテンションも、マッチョな感じがする弦でした。

ウクレレの場合、1弦の鳴りが弱くなりがちですが、この弦は1弦が太くテンションが高いので、音のバランスは、とても良いと感じました…まぁ、自分の場合、それ故の交換でもあるのですが、おそらく弾ける人が使えば、この弦の魅力を引き出すことが出来るのだと思っています。


IMG_5028.jpg

諸先輩方のブログを拝見すると「この楽器には、この弦が合う」…と云うテクストを目にすることがあるけんども、駄耳の自分には、楽器に合う弦と云うのが判りません。

自分が楽しくなれる音=好きな音だと思っているのですが、ギターでは、べらぼうに安価(1セット340円)な弦に張り替えると、その直後は「あぁ、やっぱり駄目だな安物は」と思うことがあるけど、弦が安定してくるうちに(耳が)馴染んでしまい「あの時は何が駄目だったんだろう?」…と云う状況に陥ります。

その要因は、音が見えてない(=弾けない)からだと、プロのヴァイオリン奏者に指摘されたことがあります。

でも、入門者の多くは、そーゆー人なわけで、楽器と弦の相性とか、そーゆーのって、すぐには見えてこないものですから…そーなると、何を基準に弦を選べば良いか?


自分の場合は「テンション」

物理的にテンションがキツイ弦だと、指が辛いだけで、根性皆無のヘタレな俺は、嫌になって続けられません。
なので、楽器や弦の個性よりも、とにかく押弦が楽チンか否か…が、取り敢えずは弦を選ぶ大切な基準のひとつになっています。

IMG_5019.jpg


さて、当初は、EJ99TLGに戻すつもりだったけど、ハナバッハの印象が薄らいでいることもあったので、保管しておいたハナバッハに戻したのですが、4弦の巻き弦が解れていたため、同じハナバッハ黄の8154SLTを張ってみました。


ハナバッハ黄は、スーパーローテンションなので、ハリがない分、音の輪郭がぼやけやすかったり、ピッチが甘くなるとも言われているようですが、オータサンが、4弦に、このハナバッハ黄を張っていた…みたいなことを目にしたことから、なんとなく注文しておいた弦です。

なるほど、風評通り、柔らかく甘い音色で、響き過ぎる(ように聴こえる)ハナバッハ黒よりも、それが緩和され、でもって、押弦が楽チン!


この4弦が駄目になるまでは、このセットで使ってみようかと思っている…けど、やっぱり4弦の「キュッキュ音」が気になる。。。


関連記事

2 Comments

10key">

10key  

Re: 気温室温湿度体調

10key">


ですねぇ〜
材の違いや、単板、合板の違いもあるかと思いますが、マーチンS1は、室内の湿度計が50%台になると響きが良くなります。
このクラギ弦も、これから気温と湿度が高くなってくると微妙に変化するのでしょうね…まぁ、俺の駄耳では違いに気が付かないと思うけど…^^;
弦のテンションに関しては、最近、試していることがあるので、また、こちらにアップしたいと思っています。

2017/02/08 (Wed) 23:09 | 10keyさん">REPLY |   

沈さん@ForestSwing  

気温室温湿度体調

季節によってボディの調子と弦の調子、まぁ~ホント変幻自在なのでなかなか「これ!」ってのが見つけ辛いのが正直なところですよね(;^ω^)。どこを妥協点にするか、どこからを「これならまぁいいや」とするかのせめぎ合いです(笑)。

2017/02/08 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment