4x5の言わずに

ARTICLE PAGE

喇叭

ラッパ
  • comment2
  • trackback-
難しい漢字ですね、らっぱ、ラッパ、喇叭。語源は諸説あるようですが、未詳だそうです。

音色の好みは人それぞれですが、多くの人から「よく鳴る」と評判の良い「 CAROL BRASS ZORRO Model 2 ラッカー仕上げ 」と、云う、B管のトランペットを選んでみました。


ぞろ


昨日は、帰宅が遅かったので、開封して、オシマイ。
今日は、午後から仕事だったので、出掛ける前まで、ちょいと吹いてみました。


まるで鳴りません・・・サックス同様、マッピだけでの練習とは、まるで吹奏感が違います。

小一時間ほど、イジっている内に、単音でならば、なんとか1オクターブ分のスケールが、やっとこさ、です。

アンブシュアが正しいと、気持ち良く息が通って、音のポイントに辿り着けるのですが、すぐに力んでしまうようで、震える音になったり、音程がハズレたり・・・ばかりです。


ぞろ


サックスと違って、オクターブキーが無いから、ちゃんと倍音を効かせないと、音が詰まってしまいます。

高音を出す時は、息を「細く、速く、遠くへ」と、意識するのですが、マッピを咥えるサックスと、マッピにキッスしているラッパとの違いでしょうか、息を速くしようとすると、つい口が開いてしまい、息が大量に流れ込んでしまうため、細く、速くには、成りません。


・・・いやぁ、これは、手こずりそうだなぁ。悔しいけど、今日は、ここまでです。



今も、目の前にラッパを置いて、このテクストを記しているのですが、思っていた以上に、手強いですね、コイツ。

サックスは、愛想が良かっただけに、コイツは、そーとー憎ったらしいですね。
ちょいと遊んでみようかと手を出したラッパでしたが、こーなると、何とかして、ねじ伏せないと、気が収まりません。


さて、これでまた、忙しくなってきました。






関連記事

Comments 2

time@">
time@  
Re: タイトルなし


奇遇ですねぇ〜、呼び合いますねぇ〜

そーですか、沈さんの、あの素晴らしい、至高のハーモニクスは、ラッパの倍音で鍛えられたものだったのですね!
俺も、ホラ吹き話ならば、何オクターブでも、いけるんですけどね・・・(^^ゞ

2013/05/20 (Mon) 23:20 | EDIT | time@さん">REPLY |   
沈の字@高血糖  

うちにもなぜか今喇叭があります。
ギター仲間から「久しぶりに吹いてみたいので貸して」と借りた河合楽器謹製のやつです。同じくとても現役の頃のようには吹けません。僕もイチオクターブが関の山でした。


近日中に返却予定です(笑)。

2013/05/20 (Mon) 12:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply