4x5の言わずに

ARCHIVE PAGE

archive: 2013年04月  1/1

ストラップ

テナー・サックスって重たいんです。長時間吹いていると、かなり首が痛くなります。で、こんなストラップを手に入れてみました。Saxholder と言う商品で、両肩と腹部でサックスを支えるので、首に負荷が掛かりません。自分撮りの画像だと判りにくいですけど、ストラップと言うよりは、プロテクターの骨みたいな品です。肩は、ともかくとして、腹部で支えるって・・・なんだか圧迫されそうです。日本語の説明書にも「最初は腹部に違...

  •  0
  •  closed

めじゃーすけーる☆おんてい☆きんとれ

久しぶりにメジャースケールの練習をしてみました。初心者なのに、こーゆー基礎練習が、久しぶりじゃ駄目ですよね・・・と、言うか、テナーでメジャースケールを、吹くのは、はじめてでした。・・・で、気にはしていたんだけど、やっぱり高音域の音程が、合いません。チューニングは Low Aと、High A の、2オクターブで合わせていますが、パームキーを使った高音域が、半音ほど、ズレていました。今更って感じですけど、俺が、運...

  •  0
  •  closed

ぶろぉーあっぷ☆てなぁ・さっくす用

吹き矢では、ありません。使い方を、ちゃんとは、把握してないんだけど・・・チューナーをA:441で、調子をCに設定して、(テナーだから)B♭で鳴るように吹く・・・で、良いのかな?で、コレの、素晴らしいのは、丑三つ刻でも、自室の扉を閉めておけば、家族に迷惑を掛けずに、鳴らせるってことです。作りとしては、コルクが巻いてあるだけの管なので、運指の練習は出来ないけれども、4度下の音を出すとか、プラス・マイナス20セン...

  •  2
  •  closed

チャルメラ・サックス

過日の深夜。車内サックスをしていたら、警ら中の警官に、職務質問をされました。密閉度の低い安い車で、安い人間が吹く、安いサックスの、安い音は、漏れるようです。管楽器って、練習場所の確保が、難しい楽器ですね。テナー・サックスは、まぁ、ぼちぼちと、音が出せるようになってきましたけど、基本であるアンブシュアを雑にしたり、喉の開閉に気を使わないと、高音が出難いし、低音に倍音成分が混ざって、濁った音になってし...

  •  2
  •  closed

S・◯・X 増殖中

アルトの隙間で遊ぶつもりだったけど、思っていたよりも、ソプラノと、過ごす時間が、長くなっています。相変わらず、高音域のピッチは安定しくれませんが、なんとも、このムラッ気たっぷりのソプラノ・サックスと言う楽器に、けっこう惹かれています。パームキーを使うと、まともな音を出せませんが、たまに、偶然、稀に、時たま、出た時なんかは、かなり嬉しいです。ツンデレを、ねじ伏せた、とでも言いましょうか…… 妙な征服感...

  •  4
  •  closed

ピンクのケニーG

ソプラノ・サックスの、イメージは、ジョン・コルトレーンの " MyFavoriteThings " の、アルバム・ジャケットでしか思い浮かびません。過日、いわゆる蔑称としてのムード・ミュージックだと思い込んで、馬鹿にしていた ケニーG のアルバムを、レンタルCDで、な〜んと無く聴きました。あれま! ケニーGって素敵じゃん!ソプラノ・サックスの音ってイイじゃん!この世には、自分の知らないことが、如何に多いことか …… 知りもしない...

  •  6
  •  closed